1. ホーム
  2. 口座振替
  3. ≫WiMAXの口座振替!申し込み前に絶対おさえておきたいポイント3選!

WiMAXの口座振替!申し込み前に絶対おさえておきたいポイント3選!

WiMAXを口座振替で申し込む気なら契約前に絶対おさえておいてほしいポイントが3つあります。

これを知らないで契約すると後悔する可能性もあるのでぜひ、知っておいてもらいたいです!

先にポイントをお伝えすると次の3つになります。

– 手数料が毎月かかる

– 利用開始まで時間がかかる

– 選べるプロバイダが制限される

では余すことなくすべてを伝えていきます!

WiMAXの口座振替はデメリットがあります

WiMAXの支払い方法はクレジットカード払いか口座振替のいずれかを選択しますが口座振替にはデメリットがあります。

口座振替を選ぶことでクレジットカードよりメリットになる点ってぶっちゃけないです…。

でも、カード持ってないからとか、持ってても使いたくないとかいろんな理由があるので口座振替のデメリットはデメリットとして理解した上で申し込んでいただければなと思います。

口座振替の申し込み前におさえておきたいポイント3選!

それでは、順にお伝えしていきます。

1.クレカ払いに比べて料金が高くなる

口座振替での支払いを選んだ場合、毎月手数料として200円がかかります。

クレジットカード払いの時は手数料がかからないので2年間の合計で考えると4,800円の差が。

ギガ放題1ヶ月分にあたるので無視できないですよね。

2.当日発送ができない

GMOやBroadWiMAX、UQ WiMAXは最短即日発送のメリットがありますがこれが有効なのはクレジットカード払いの時のみ。

『すぐ使いたいからBroadWiMAXにしよ!ポチっ!』ってやっても口座振替だと即日発送してくれません。

WiMAXの端末は支払い方法が確定してから発送されます。

クレジットカードの場合、契約時にカード番号とか入力するので支払い方法が確定しています。

口座振替の場合、支払い方法は口座振替にしたいという意思表示は終わっていても口座の登録が終わっていませんよね。

なので支払い方法がまだ確定していません。

契約後に支払い口座の登録になるのでどうしてもクレカ払いに比べると利用開始できるまでの期間が長くなります。

3.申し込めるプロバイダがかなり制限される

1番のデメリットは申し込み可能なプロバイダが制限されることかもしれないですね。

口座振替はすべてのプロバイダで対応しているわけではなく一部のプロバイダだけ。

現在、口座振替で契約できるのはnifty、ビッグローブ、BroadWiMAX、UQだけです。

まとめ

WiMAXを口座振替で契約すると3つのデメリットがあるということをお伝えしました。

中でも手数料と選べるプロバイダが制限されるのはかなり大きいかなと思います。

口座振替でもお得に契約したい!というかたは手数料は無料にはなりませんがniftyをおすすめします。

最大3ヶ月無料&キャッシュバックも20,100円と口座振替できるプロバイダの中では破格の特典になっています。

よく比較して、あなたにあったWiMAXプロバイダを見つけていきましょう!