1. ホーム
  2. WiMAXの基礎知識
  3. ≫WiMAXの口座振替の違いは?クレカ払いとの差を比較!

WiMAXの口座振替の違いは?クレカ払いとの差を比較!

WiMAXプロバイダはほとんどの場合、契約にクレジットカードが必要になります。

なるべくクレジットカードを使いたくない、学生だからクレジットカードを持っていないなどカード以外で支払いたいあなた。

でもふと疑問に思ったことはありませんか?

『クレジットカードと口座振替で契約するのになにが違うの?制限とかかかるの?』と。

このページでは不安なあなたに知ってもらいたい3つのポイントを説明します。

  1. 口座振替は毎月手数料が発生
  2. 利用開始まで時間がかかる
  3. キャンペーン対象外になる可能性

ポイントをおさえておかないと数万円単位で損をすることも…。

口座振替とクレカ払いの違いで絶対おさえたい3つのポイント

クレジットカード払いでも、口座振替でも使えるサービスに制限や違いはありません。

クレジットカード払いだから回線が早いとか、制限がかからないとかではないということ。

口座振替で契約するなら絶対に知って起きたいクレカ払いと口座振替で差が出る3つのポイントを紹介します。

ポイント1.口座振替だと毎月手数料が発生する

口座振替にするとUQ WiMAX社以外は200円の振替手数料がかかります。

WiMAXは2年契約なので毎月発生すると4,800円手数料だけでかかるので意外と無視できません。

ポイント2.利用開始までに数週間かかる

口座振替の場合、口座登録であったり諸々の手続きが完了しないと端末の発送はされません。

処理のスムーズさにもよりますがおおよそ2週間から3週間程度はかかります。

ポイント3.キャンペーンの対象にならない場合も

ほとんどのプロバイダはキャンペーン対象はクレジットカード払いが前提です。

ただ、中には口座振替でもキャンペーン対象になるプロバイダもあるので事前の確認はしっかりと行いましょう。

口座振替でもクレジットカード払いと同じくキャンペーンが適用されるのはBIGLOBE、UQ WiMAX、niftyの3社。

キャンペーンは適用されなくてもいいのであればGMOや、BroadWiMAXも口座振替で契約可能です。

WiMAXの口座振替の違いは?クレカ払いとの差を比較のまとめ

口座振替にした場合のクレジットカード払いとの違いをまとめると、

  1. 毎月200円の振替手数料が発生
  2. 利用開始までに時間がかかる
  3. キャンペーンが適用できるプロバイダが限定される

の3つの違いがありました。

キャンペーン適用できるBIGLOBE、UQ WiMAX、niftyのキャンペーン詳細をまとめたページもありますのであわせてチェックしてみてくださいね!
BIGLOBEのキャンペーンの詳細はこちら

UQ WiMAXのキャンペーンの詳細はこちら

niftyのキャンペーンの詳細はこちら