1. ホーム
  2. WiMAXの基礎知識
  3. ≫WiMAXの口座振替でもオトクなキャンペーンを比較!

WiMAXの口座振替でもオトクなキャンペーンを比較!

損をしたいですか?トクをしたいですかと聞かれて損をしたいです!という方はいません。

この記事では口座振替でも受けとれて総支払額が一番少なくなるオトクなキャンペーンを比較・紹介します。

スッキリわかる!口座振替でいちばんオトクなキャンペーンは?!

冒頭にお話したようにオトクというのはキャンペーンを受けとることで総支払い額が一番少なくことだとしました。

まず各社キャンペーンはクレジットカード払い前提なので口座振替ではキャンペーンを受けられない場合が多いです。

口座振替でもキャンペーンを受けられるは次の3社です。

  • BIGLOBE
  • nifty
  • UQ WiMAX

インターネットプロバイダとして老舗のBIGLOBE、niftyとWiMAXのサービス提供元であるUQ WiMAX。

それでは3社のキャンペーンも比較してみましょう。

nifty BIGLOBE UQ
WiMAX
キャンペーン 20,000円
キャッシュバック
20,000円 or 21,600ポイント
キャッシュバック
10,000円
商品券

 

キャンペーンだけみるとBIGLOBEかniftyがよさそうですね。

それではこの表に初期費用、月額費用、事務手数料なども反映させてみます。

nifty BIGLOBE UQ
WiMAX
キャンペーン 20,000円
キャッシュバック
20,000円
キャッシュバック
10,000円
商品券
 初期費用 0円  0円  0円
事務手数料 3,000円  3,000円 3,000円
 端末代 1円  0円 800円~
 1ヶ月目 0円 3,695円 3,696円
 2ヶ月目 0円 3,695円 3,696円
3ヶ月目 0円 4,380円 3,696円
4ヶ月目~24ヶ月目 4,350円 4,380円 4,380円
総支払額 75,100円 86,750円 96,068円
最安値との差 +11,650円 +20,968円

比較してみるとばっちりわかると思いますが、かなりの差がでます。

UQとniftyだと2万以上も差がでるので無視できないですよね。

 

結論:口座振替で一番オトクに契約できるのはnifty!

つながりやすさや制限にかからないのはどのプロバイダ?
どのプロバイダも差はありません

よくある勘違いが、プロバイダ間でつながりやすさに差があるんじゃないかというものです。WiMAXプロバイダはMVNO事業者です。

MVNO事業者とか設備を借りて、自分たちの付加価値をつけてサービスを提供する事業者のこと。

ただ、付加価値といっても回線速度などは変更できません。オプションであったりサポートであったり、月額料金で付加価値をつけるという意味です。

たとえば人気ゲームのPS4を買うとしましょう。それをヤマダ電機で買おうが、ヨドバシカメラで買おうが、ビックカメラで買おうがPS4自体に差はないですよね。

それぞれ先行予約特典つけたり、ポイントバックで差別化をはかっているわけです。

イメージとしてはそれに近いですね。